個人輸入代行って何?

黄色の錠剤

そもそも個人輸入代行サービスのことはご存知でしょうか。
現在は利用者も増えていますが、まだまだ日本中に浸透し切っているわけではないため、知らない人がいるかもしれません。
そこで、デパス代替え薬の紹介をする前に、まずこの個人輸入代行サービスについて説明しておきましょう。

処方箋医薬品に指定されている医薬品を購入したい場合、病院へ行って医師から診察・治療を受けたあとにもらえる処方箋が必須になります。
処方箋を持っていない状態では購入できない医薬品なため、身近な薬局などでは購入できないのです。
そんな処方箋医薬品であっても、処方箋なしでネット注文できるようにしたのが個人輸入代行サービスです。

最初に言っておきますが、個人輸入代行サービスはもちろん違法なサービスではないので安心してください。
そもそも「特定の医薬品を購入するためには処方箋が必要」というのは、日本国内で医薬品を購入する場合の話です。
海外には海外の規定があるため、日本の規定が適用されることはありません。
では、実際海外ではどうなっているのかというと、日本で処方箋医薬品に指定されているような医薬品であっても、ドラッグストアで平然と販売されています。
日本で認可されていないジェネリック医薬品の販売もおこなわれており、医薬品の購入という点においては日本よりも海外の方が個人で簡単におこなえるのです。
個人輸入代行サービスは、そんな海外から医薬品を輸入し、ネット販売しているサービスになります。
海外で販売されていた医薬品ですので日本の規定が適用されることはなく、ネット購入、つまり処方箋なしでの購入をしても問題ないのです。

また、品質を心配される方もいますが、これに関しても問題ありません。
個人輸入代行サービスで販売されている医薬品はすべて、成分鑑定によって正規品だと判断された医薬品のみです。
含まれている成分やその含有量はもちろん、効果や安全性についても確認済みです。
安心して購入・使用できますよ。