デパスの個人輸入禁止

1984年に発売が開始されて以来、長い間、うつ病患者をはじめとした大勢の人を助けてきた抗不安薬「デパス」。
一般名はエチゾラムといい、世界的にも有名な医薬品です。
デパスが登場するまで、日本ではセルシンという圧倒的な支持を獲得していた抗不安薬があったのですが、デパスの登場によってその人気は簡単に乗り換えられたのです。

デパスにはジェネリックも数多く開発されており、ジェネリックを使って安い費用で手軽に治療している方も多いのではないでしょうか。
デパスの効果は主に緊張状態の緩和やリラックス効果による不安の抑制となっています。
また、リラックス効果によって安眠効果もあるため、うつ病患者だけでなく、不眠症に悩まされている方にもオススメです。

加えて、心や筋肉の緊張状態をほぐしてくれることから、ストレスの軽減や肩こり、腰痛などの症状にも効果的です。
そのため、更年期障害の治療薬として処方されることもしばしば。
このように、デパスは幅広い症状に役立つ抗不安薬ですので、活躍の場はかなり多くなっています。

医薬品の購入は基本的に医療機関からの処方となっていますが、最近は個人輸入代行サービスを使って医薬品をネット注文する動きも増えています。
手軽に目当ての医薬品を注文でき、通院する手間や費用による負担を軽減できるとして利用者は増えています。
デパスも以前までは個人輸入代行サービスを利用して誰でも簡単にネット注文できたのですが、2016年10月、デパスやアモバン、そしてこれらのジェネリックが向精神薬に指定され、個人輸入代行サービスによる購入が禁止されたのです。
デパスは精神科などから処方してもらうことができるため、手に入らなくなったわけではありません。
しかし、通院しての処方となれば、手間や費用による負担を再び考えなければいけません。
そこで、今までと変わらず、個人輸入代行サービスを使ってうつ病や不眠症を改善させたいという場合は、デパス代替えとして充分なはたらきを発揮してくれる医薬品を購入してみてはいかがでしょうか。

黄色の錠剤

個人輸入代行って何?

個人輸入代行サービスとは、世界中から輸入したさまざまな医薬品をネットで簡単に注文・購入できるサービスのことです。通院する手間がいりませんし、合法性・安全性も認められたサービスなので安心してください。

眉間にしわをよせる女性

popular contents

「デパスの個人輸入が禁止に/デパス代替え薬でうつ病治療をしよう」の人気コンテンツ一覧です。